洋画好きが選ぶオススメ作品

~『レンタルしたけどハズレだった...』を減らそう!~

グリーンランド~地球最後の2日間~

【説明】

主演は『300』『エンドオブホワイトハウス』で有名なジェラルドバトラー、その奥さん役は『デッドプール』で主人公ウェイドの彼女役で有名なモリーナヴァッカリン。

監督は元スタントマンという経歴を持つリックローマンウォー、『エンドオブステイツ』も監督を務めており、バトラーとはそれ以来の再タッグとなっています。

 

 

【ストーリー】

建築設計士であるジョン、妻のアリソン、息子のネイサンが地球に落下してくる彗星から逃げるという久しぶりの地球滅亡映画。

最初は地球への接触は無いとされていたが、軌道が変わり地球への接近を開始。

それが公開されるとパニックになるためか、政府は抽選で避難対象者を極秘裏に選び、対象者には大統領アラートを携帯に送ることになる。

ジョンの元にもそれが届き、家族で避難所への輸送機が出る空港へ向かうというのが序盤までの流れです。

 

 

【評価】

★★★★…4

 

個人的に凄く面白かったのと、この類いの話が好きなので4つ星です。

隕石の地球滅亡物は『2012』『アルマゲドン』『ディープインパクト』などがありますが、それらと負けず劣らずの作品でした。

序盤では追い詰められた群衆の怖さが描かれ、後半では地球滅亡物らしく隕石が頭上を飛び交う迫力ある映像に魅了されました。

2時間越の作品なのでたっぷりとテーマを生かした脚本だったと思います。

 

特に印象的なのが生き残るために手段を選ばなくなった人々です。

平常時では善人であろう人や友人が剣幕を変えて襲いかかってくる様子はゾンビやサイコスリラー映画のようでした。

 

 

※以下はネタバレ含みます

 

 

 

 

 

 

【最後に】

疑問だったのが最後グリーンランドの避難場所に着いたところ。

主人公含め大勢が飛行機から降りて避難場所になだれ込みましたが、選考のタグはどうなったのでしょう…タグの確認していませんでしたね。

序盤のように群衆のせいで来る予定の飛行機が来なかった、もしくはせっかく近くまで来たのだから入れてやろうという軍の判断だったのでしょうか?

少しだけでも軍の関係者が『あの人たちどうする?』みたいな描写があればよかったなぁと思いました。